料理・ケーキ

Cuisine & Cake

シェフのご紹介

Chef

すべてはおふたりの
特別なひとときのために

料理のロイヤルパインズ…
多くのお客さまからそう評価をいただいているのには理由があります。
世界コンクールで第1位を受賞した総料理長 竹下をはじめとする
調理スタッフは最高の料理をお届けするために、
常に技術と感性を磨き続けています。

国内外のコンクールに挑戦しているのもそのため…
それは決してメダルや称賛のためではなく、
おふたりの大切なゲストをおふたりに代わって
おもてなしするという使命のため、
そして何よりお客さまの輝く笑顔がみたいから…
ロイヤルパインズの熱き調理スタッフをご紹介いたします。

総料理長 竹下 公平

General chef

いつまでも鮮明に残る 料理の記憶

料理は常に美味しい状態で召しあがっていただくために提供するギリギリの状態で調理しますから失敗は許されません。結婚式は一生に一度の料理ですからなおさらです。ですから、チームワークを最も大切にしています。

週末の結婚式の料理の準備も1週間のスケジュールを綿密に組んでスタッフそれぞれが決められた役割をきちんと果たさなければなりません。どの過程でも誰かが手抜きをすれば求めるレベルの料理はできないからです。「美味しいものを創り、お客さまに喜んでもらいたい」という同じ思い、同じ方向を向いていることが最も大切なことだといつも思っています。
結婚式にはおふたりだけのストーリーや思いがあります。私たちはお客さまがコーディネーターと打合せでお話しいただいた思いを出来る限り汲み取り料理に表現したいと考えてます。美味しいものを食べると人は自然と笑顔になります。見た目、味わいや香りがお客さまの心を温め鮮明な記憶としていつまでも残る・・そんな一皿を目指しています。

オーギュスト・エスコフィエ・国際コンクール

19~20世紀、パリ、ロンドンで大活躍した料理長オーギュスト・エスコフィエに因んで名づけられたコンクール。フランス料理の今日の礎を築いたといわれるエスコフィエ氏をはじめ、先達の偉大な料理人たちの技術を伝え生かすことを目的としています。国内大会優勝者は、ヨーロッパで行われる国際大会への出場資格が得られます。
2011年に当ホテルの総料理長・竹下公平がベルギーで行われた世界大会において第1位を獲得しております。




ル・テタンジェ国際料理賞コンクール

偉大なフランス伝統料理の原則を守り、広めることを使命に1966年より開催されている歴史と権威あるコンクールであり、“ガストロノミーのエベレスト”と呼ばれるほど広く認知されています。コンクール・ジャポンの優勝者は、パリで行われる国際大会への出場資格が得られます。
2007年に <ピエール・テタンジェ> から <ル・テタンジェ> へと名称が変更された当コンクールは、これまでに当ホテルの多くのシェフが優秀な成績を収め、2009年には総料理長 竹下が世界第4位を獲得しております。

料理・ケーキのご紹介

Cuisine & Cake